close

ワンピースという作品の始まり

始まりを誌面で見ているのは結構貴重かもしれない

ではここから各作品の日本と海外の人気比について話をしていこう。ワンピースという作品をコミックスはもちろん、誌面でも連載当初から閲覧し続けている人もいるだろう。筆者も子供の時からワンピースの存在は知っていたが、今思い返してみればそのワンピースを連載初回から見ている事を考えると結構貴重な体験をしているのかもしれない。初回から見ているので、実を言うとワンピースはそれから数年以上は継続してその内容を追っていた。その頃はまだジャンプを購入してたこともあって、ワンピースのファンとまではいかないものの単純に作品が面白いと感じて見ていた。

ワンピースという作品が登場してからの歴史を改めて考察してみると、それはなるべくして日本を代表する漫画作品としての地位を獲得したのかを理解することが出来るだろう。

ワンピースの主な歴史

とても簡潔に年表を表示してみたが、突出している点を挙げてみるとやはり2010年の出来事は筆者としてもかなり衝撃的だった。週刊誌で活躍している作者の忙しさについては、業界に精通していなくてもある程度理解しているだろうが、非常に過酷だ。よほどのことがない限りは原稿を落とすことも許されず、そして出版社としても毎週全国に何百万という雑誌を配送しなければならない以上、その編集作業がどれ程の修羅場となっているのか、あまり経験したいとは思えないものに違いない。

海賊人気?ONE PIECE!
これから不動産の購入を考えている方、茨木 中古マンション ハウジングネットワークがあなたにピッタリに物件をご紹介します。 中古物件の戸建・マンションを始めとした不動産をご紹介しております。

連載から10数年の間、休み無く原稿を書き続けた気合は化物と称したほうがいい

ワンピースという作品もそうだが、筆者としては原作者の『尾田栄一郎』さんという人も凄いと思っている。というのも、2010年の出来事でワンピースが1ヶ月の充電という名の休暇をして、新シリーズ製作へと入ると宣言する。この宣言には読者も驚愕した事は想像に難くない、というのも連載してからワンピースは一度も作者の事情という名のお休みを一度もした事が無く、毎週完璧といえるほどの安定した作画を披露していた。とある人気ジャンプ作品の作者がお休みが多すぎて困ることもあれば、体調不良のために原稿を落としてしまうこともあるだろう。

無論原稿を落としたら何かしらのペナルティはあるかもしれないが、そう考えると休み無く継続して描き続けたため、1ヶ月の休載に対してむしろ休んでくださいとばかりに読者は受け入れた。ただ編集部の方は方で、1ヶ月間もワンピースがないジャンプの売上を心配していたこととは思う。色々とお金が絡んでくると問題も出てくるだろうが、読者としては楽しめればそれで良いだろうということでこの県は締めておく。

人気の原動力は『絆』

ではワンピースが少年少女にとって人気作品となっている理由について考えてみることにしよう。漫画にしても小説にしても、見ているとどこが面白くて見ているのかがはっきりと出てくるものだ。あやふやなままで、何をどのように好んでいるのか分からずにいるという人はいないだろう。はっきりとした人気要素が備わっていなければ魅力を感じる事は出来ない、ではワンピースの連載してから17年近い時間を支え続けているのは何なのかと、質問してみたい。そうした中で出てくるキーワードとしては『絆』だろう。

絆といってもそれが単純に肉親などの縁者に向けられたものではなく、ワンピースの世界では主に仲間との絆がどれ程大切なものなのかを熱血に表現している。その中には時折少年漫画らしい暑苦しさもあれば、そして10代の少年少女にとって憧れともいえる仲間との連帯感とが理想的とも称されている。現実としてそのような固い絆で結ばれている人もいるかもしれないが、現実になると損得感情という1つのものさしが関与してきて、垣根なく誰かが困っていれば助けるという精神は希薄だ。

また作者である尾田氏も自身が中学時代にサッカー部に入部して、そこで連帯感を知りえたことがワンピースにおける最大のテーマともいえる仲間との絆という連帯感を生み出したと分析できる。

不動の名作 DRAGON BALL!
ご家族や気の合った仲間と日帰り旅行はいかがですか?バンコク近郊には日帰りで行ける楽しいスポットがいっぱい!今度のお休みは、ラビットの運転手付レンタカーで思い出に残る旅をしてみませんか?

初連載作品であること

またワンピース作者の尾田栄一郎さんの凄いところは、このワンピースが読み切りを除いての初連載作品だということだ。漫画家としての経験で賞を受賞し、読みきりが掲載されるなどの経歴はもちろんある。その前から既にプロの商業作家として活動していた漫画家のアシスタントとして活動しているなどしていたが、彼にとってこのワンピースというのがすべてであり、そして宇宙的なヒットを繰り出した事を考えると、歴代にも見ないような展開だといえるかもしれない。

例えばドラゴンボールの作者である『鳥山明』さんについて考えてみる、彼の場合ドラゴンボールが始まる前に『Dr.スランプアラレちゃん』という作品が出るまで目が出なかったほど、厳しい下積み生活を経験している。それに比べて尾田氏はほぼ長期連載を想定したほぼ処女作とも言えるこの作品で、瞬く間に国民的人気を獲得するまで作品名を押し上げていった。こうした展開はさすがに作者としても予想外のことだったことは間違いない、初めからどんな作品が売れるのかなど分かれば苦労はしない。連載を行っている集英社としても、丁度連載終了を迎えたドラゴンボールに変わっての作品として見込んでいたのかもしれないが、世界的にも不動の人気を獲得するようになるとは思わなかったことだろう。現在のワンピースというスケールがここまで膨大になるなど、誰も知るはずがなかったからこそこの世界は面白いといえるのかもしれない。

NARUTO は忍者ですから!
photo